まっ黒コゲ焦げ。

ロッカーカバーを外してシリンダーヘッドも外すとピストントップが現れます。

特にリアが酷いことになっています。

マフラーから白煙がモクモク煙っていましたのでこんな感じです。

エンジンオイルが燃焼室に入り混合気と一緒に燃やされてカーボン化。

最後にエンジン開けたのいつでしょう?

何台かハーレーのエンジンを開けてますが,今回も焦げてますね~。

こんな状態でもショベルは実動してました。

特集記事