クランク氏もこんにちは


写真を撮る心の余裕がありませんでした。

急いでエンジンを分解したので,もうクランクの写真です。

クランクピンナットを緩めてフライホイールを外すと,次の方がこんにちはです。

擦り傷だからヘッチャラさ...。なわけナイさ!!

コンロッドを外すと,またまた,こんちにちは。

何このキズ!?もう慣れましたけどね...。

診断結果は,バルブガイドシールがダメになり,エンジンオイルが燃焼室に入り,白煙モクモク→

ピストントップのバルブリセスにカーボン堆積→ピストンとリアEXバルブがヒット→さらなる白煙モクモクに我慢できず,こんにちはのクランク氏という訳です。

セルでエンジン始動を確認した時,重たく苦しそうに回るわけだと理解できました。

フライホイールワッシャー、コンロッド,その他パーツを要交換しクランクリビルドです。

白煙が出ているのにそのままにして乗っていると最悪の場合,こんなことが起こります。

乗りっぱなしノーメンテのハーレーエンジンは程度の差も有りますが何かしらトラブルが発生します。

こんなの見てしまうと少し気落ちしますが大丈夫です。

修理すれば,元気なSHOVELエンジン復活です!!

ツーリングでも安心・安全なショベルを目指してオーバーホールを続けます。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ブログ内に
記載している作業を
ご自身で行う場合は,
すべて自己責任で
お願いいたします。