組立て前に下準備

コンロッド大端サイドとフライホイールワッシャーの当たりが悪かったので

クランクを分解してコンロッド,ベアリングレースを規定値に修正したり

部品交換をした後,組立を行います。

ヘッドのカーボンも洗浄し,バルブ,バルブガイド,は新品に交換しました。

バルブシートも規定値に修正後,組み直します。

ロッカーカバーガスケットは仮組みし確認,バルブシールとバルブスプリングも交換しました。

今回は,バルブシールを純正タイプに比べオイル下がりに強いものに変更します。

バルブシール選定にも個体差やメーカーごとに作りが違うので毎回悩みます。

そんな時はバイクに乗られているオーナー様がライドされる状況を思い描きながら

部品や仕様を決めて作業をすると自ずと解決です!!

そのまま組んではバルブシールとアッパーカラーがぶち当たり,台無しですので,

適正に各部修正後に組付けています。

特集記事