YAMAHA WR250X エンジン腰上OH

ヤマハ WR250Xのエンジンを腰上オーバーホールです。

エンジン状態のはそんなに悪くない車体なのですが,

オーナー様曰く、最近クラッチの切れが悪くどうせならエンジンの腰上もお願いしますとのことでした。

まずはクラッチから確認します。

ヤマハのロゴが入った黒E/Gサイドのクラッチカバーを外すともうクラッチ該当部です。

やっぱりメンテがしやすいなぁ~と思います。

5本のボルトを少しづつ緩めてプレッシャープレートを取外します。

予想どおりでした。

クラッチプレート,フリクションプレートが入っていたところに打痕,ダコン,ダコン,ダコン...。

5万キロだもんね。当然です。

レバーを握った時も段付き摩耗にクラッチプレートが引っかかってキレを悪くし。

今回はこの段付きや打痕を修正して組付けます。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ブログ内に
記載している作業を
ご自身で行う場合は,
すべて自己責任で
お願いいたします。