WR250X エンジン続きます

意外と時間が掛かるのが

洗浄と測定だと思います。

カーボンを落としていきます。

先にキャブクリーナーをシュシュッとしときます。

外したバルブリフター、シムの状態を確認しながら

組立の時に困らない様にパーツにマーキングしていきます。

結構走ってるのに...状態いいね!!

キャブクリーナーでカーボンを柔らかくしておきます。

清掃後にポートの鋳肌を馴らします。

特集記事