WR250X シリンダーヘッドを重点的に…

WR250Xヘッドがこんな感じで

アルミ鋳肌が僅かですが残っていました。

EXポートもほんの少しですが

リューターでサラッと表面に残る鋳肌を取除きます。

ポートをチョットくらい仕上げても

余り効果が無いんじゃないのと言われることもあるのですが,

エンジンを丁寧に仕上げたいので確実に行います。

ノーマル排気量でポートの拡大や

ポート表面がピカピカになるまではしませんが,

長い目で見てカーボンの溜まり具合の減少や

耐久性の面で鋳肌の除去効果は

過去どんなエンジンで試してみても開けて確認した時,効果が有りました。

※定期的にエンジン開ける場合,やってた方が次にエンジンOHする時,

 カーボン掃除が早く終わります。

アルミの削りカスでいっぱいです。

後でキレイに洗浄し,エアブローします。

ヘッドガスケットの残りカスがヘッド面に残っているので

少だけオイルストーンで馴らします。

くれぐれもやり過ぎない程度に行います。

排気側と吸気側(写真忘れてました)も行いました。

特集記事