ヤマハ WR250X シリンダー,ピストンの組立

シリンダーを取り外して シリンダー内径(ボア)を測定したり,

ピストンの状態を確認していきます。

これ...ホントに5万キロも走ったシリンダー?

まだホーニングの目跡も残っていて十分使用できます。

誰か一度オーバーホールしたの?と疑いたくなるのですが

一度オーバーホールされるとエンジン空けた形跡が必ず残ります。

このエンジンには,それが見当たりませんでした。

オイル交換を定期的にされているエンジンは酷いキズも無く

シリンダー内部がキレイです。

シリンダー下部に高回転シングルエンジンならではの特徴が...

って,今さらな事しか書けませんがWR250Xのはこうなってます。

切り欠き部分にちょっとバリが有りましたので

この後,少しリューターで削っておきました。

ピストンとクランクのコンロッド部です。

こちらもキレイです。

ピストンには燃焼ガスの吹き抜け跡もほとんど有りません。

ガスケット面とシリンダー全体を洗浄

特集記事