YAMAHA WR250X エンジンオーバーホール

前回シリンダーまで組付けたのでヘッドの組立に移ります。

その前に,カムシャフト2本を点検し,

カムホルダーとジャーナル部の当たりをチェックです。

各部、メーカー規定の寸法でしたので,

ジャーナルやカム山に最小限で磨きを行います。

僅かなことですがフリクションロスの低減を見込みます。

※小さなことの積み重ねが良い結果を確実に育みます。

Before 

メーカー規定値の範囲内ですが

目視で少し当たりがキツイ場所があります。

After

少しだけ磨いた後のカムジャーナル。

本当に僅かなことですが,

エンジンは丁寧に組立てると走行距離を重ねるごとに耐久性に差がでます。

吸排気のカム,両方とも磨いておきました。

2本とも何だか鈍く光ってます。

ほんの僅かなことですが結構時間が掛かりました。

この作業が終わればシリンダーにヘッドを組付けです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ブログ内に
記載している作業を
ご自身で行う場合は,
すべて自己責任で
お願いいたします。