Kawasaki エストレヤのカスタムです。

キャブを掃除し,プラグキャップも追加したので,

新しいバッテリーを搭載し始動を確認しました。

セルを押して,ドゥルン~とエンジン始動しました!!

でもね...。

クラッチが切れない!!

ワイヤーを調整してレバーを握っても切れない!!

良くあるパターンですがクラッチ板の点検です。

エンジン左側の

この部分です。

エンジンカバーをパカッと外すと

クラッチがでてきます。

分解してみようとプレッシャプレートを外して

クラッチプレートをチェックです。

ウ~ん...。

このままの状態ですべてのクラッチプレートが固着してました。

厚みの点検と基準外のモノは交換。

クラッチのシェル側は比較的きれいでした。

汚れをサッと掃除して組み付けました。

特集記事