66 Early Shovel のカスタムです。

スローペースで製作中のショベル,

手元のカスタムパーツ達を仮組みしながら

出来上がりのイメージを確認中...。

オールドハーレーのカスタムでは

今や定番化しているような気がする

ショベリジ、スプリンガー的カスタム。

やっぱり,フロントだけFLHのテレスコにして

21インチホイールを入れてB級感をだしてみようと思いなおしました。

ドナーはこちらから...。

ヘッドライトをはずして、フォグランプ、ウィンカー、

フロントフェンダー,フロントホイール等々いろいろ外します。

ウ~ん。いつもの事ですが汚れた中身が現れました。

通関の書類や車両の現地タイトルがアリゾナだったので

細かな砂が付いててああ大変...

ナセルの中だけ,まだUSAかよ!?

ササっとトップとホイール,配線を外しまして...

ちょこっと洗浄。

アリゾナの汚れはそう簡単には落ちません。

後でもっと洗浄しよう。

そんな感じで前回りを無事に取り外しました。

トップブリッジを外して驚愕...。

!!!先人たちの仕事のあとが!!!

ロワーナットをタガネで緩めちゃった感,丸出しの光景が出て来ました...。

USA恐るべしです。

近年,日本に輸入される台数が多くなったハーレーは,

大なり小なり,間違いなくトラブルを抱えた状態で日本にやってきます。

こういう場所をひとつづつ適正に修理すれば楽しいバイクライフ。

特集記事