YAMAHA V-MAX1200キャブレターの同調

何度かバイクファクトリーでメンテナンスをご依頼頂いているお客様から

「加速時の違和感」特にアクセルを急開したときに加速が悪い,

「エンジン各気筒のバラつきがでてきた」との症状で

作業をご依頼頂きました。

シートを外してダミータンクカバーを外して

エアクリーナ~も外して...V-MAXは結構イロイロ外しますよ。

エアクリーナーBOXを外してやっとキャブレターとご対面。

同調セッティングの前に各気筒のキャブの状態確認しておきます。

ホースの亀裂やキャブのピストンの動き,ダイヤフラムのチェック等々...

チェックや修正を済ませてから初めて同調に入ります。

各気筒の負圧の取り出し口に同調の為,ホースを繋いでいきます。

水冷V型70°4気筒1200cc北米モデル。

1985年 V-AX1200 発売当時は輸出モデルでした。

各ショップや個人ユーザー様が逆輸入で国内に輸入されていました。

今でも根強い人気があり,

輸出仕様のVブースト付きキャブレターモデルは,

現代のバイクに比べると

過激な加速がイイ味出しすぎです!!

いま中古車で買うとかなりお買い得なのも良いところです。

バイクファクトリーでも何台か整備しましたが,

年月を経て電装系に不具合が出やすいモデルかと思います。

少しでも不具合,違和感を感じたら

バイクファクトリーにメンテナンスをご依頼ください。

※すみません。流れで宣伝です。

当時物の貴重なバイクは早めのメンテナンスで

トラブルをかなりの確率で回避できます。

ホースを繋ぎ終えてたところです。

エンジンをかけてメーターを確認してみます。

針が少し不揃いなのが分かるでしょうか?

このV-MAXはメンテナンスを頻繁に行っているほうですが

少しでもキャブレターの同調に狂いがでると

加速時に違和感を感じてしまうんです。

エンジン掛けながら写真を撮りましたので

ちょっと針がブレてるのはご容赦ください。

中古車購入後,同調をとっていないバイクがかなりの確率でご来店されます。

メンテナンス後、自分のバイクの変化に

皆さま驚かれますが,本来の性能に近づいた証です。

4気筒をキレイに同調とると走るのが楽しくなります。

特集記事