マジェスティS ハイスピードプーリー加工

以前,ボアアップとビッグインジェクターを組み込んだマジェスティS。

その後,ハイスピードプーリーKITを他店で組み込んだものの,

いまいち加速も悪く、最高速も伸びない...。

(100km/hでるかでないかって..おい!!.)

お任せください!!

バイクの不調には必ず原因が有ります。

原因を特定して修理すれば,必ず良い結果がでます。

まずは,駆動系をオープンしまして...

ハイスピードプーリーをチェックです。

ランププレートのウェイトローラー当たり面をチェック。

何か違和感が...。

きれいに当たっている所と,銀色が疎らになっている所が有ります。

続いてドライブプーリー側のウェイトローラー取付部をチェック。

ん?まさか...

キズが入ってるやん!!

犯人はこいつです。

ランププレートの加工精度が悪く,

単純にそのまま組んでしまうと,ドライブプーリーにキズが入ります。

ちょうどランププレートの収まる位置にキズが...。

適正なクリアランスをとるように加工します。

ちなみに純正のドライブプーリーは,こんな感じです。

改めてハイスピード仕様のドライブプーリ。

こういうのは,加工前提で販売されていることが多いので

「大丈夫だろう」でそのまま組むとダメ絶対です!!

さらに...

ドライブベルトがケースに当たってるやん!!

危ない!!

ベルト がケースに擦れて,徐々にベルト削れていきます。

最悪の場合,プチンとベルト切れて,大惨事です。

何のためのハイスピードプーリーなのか...

このままじゃ最高速がアップするわけ無いし何より危険です。

メーカーと取付けた販売店はお客様の安全をどう考えているのか?

もやもやしますね。本当に!!

でもこれで,あきらめないのがバイクファクトリーです。

ほかのメーカーのプーリーキットを買ってつけましょう的な

安易な仕事はしません!!

まず,原因を特定してから,お客様に現状をご相談させて頂き,

修正で対応できるものは,修理します。

どうしても使用できないものは交換します。

チューニングパーツは適正に加工する技術と組上げる技術があって

初めて効果を体感でき,楽しくバイクを走らせることができるパーツです。

次回,加工とセッティングをご紹介します。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ブログ内に
記載している作業を
ご自身で行う場合は,
すべて自己責任で
お願いいたします。