HONDA ライブDIOのエンジン修理

ライブDIOでエンジンからモノ凄いエンジン音がしたら、もう駄目だ...廃車だ...。

なんてご経験のある,ホンダDIO系のオーナー様、多いんじゃないでしょうか?

音が出だした初期症状でしたら治せる場合が結構あります。

こちらの車体に乗っかっていました。

リヤホイールを外して作業台でチェックです。

はいっ。ココです。もういきなり原因から紹介しますが

車体にまたがってエンジン左側カバー内の

駆動系パーツをすべて外すと確認できます。

エンジンの一番大事な部分でクランクシャフトの左側が

大きくガタついています!!

というワケでエンジンを全部分解します。

シリンダーヘッドを外してシリンダーとピストンもチェックです。

ウーン...ピストンも交換。

クランクケースも分解して先ほどのベアリングを内側から確認です。

ベアリングの状態が悪いです。スラッジがたまっているのも確認できます。

でもまだ初期段階だったので治せます。

ベアリングを外してみると...もう十分すぎる酷さが分かりました。

現在、中古車で販売されているホンダライブDIO系は根強い人気があり

初めての原付スクーターにもおススメです。

発売当初からかなりの年数が経過しているので

酷使されているエンジンが多いのも必然です。

こうなる前に早めのメンテナンス・修理をおススメします。

特集記事